サムライエッジ スタンダードモデル(シルバーフレーム)

「バイオハザード」というゲームがあるのは、

その名だけは聞いたことがある。・・・程度で私、まったく未知の世界なのですが、、、

ま、ゾンビと戦うゲーム?(なのかな???)

ままま、その中で登場人物たちの武器のモデル化らしい。

バイオハザード・サムライエッジ スタンダードモデル

前回のM92F と大差ない銃なのですが、カッコ良かったので購入。

ででで、、、また悪い虫がひょこひょこと、、、(フレームシルバーにしてしまいなょ。)と囁く

そこで、M9A1 ステンレスモデル を入手。フレームをスワップした。

 

Dsc08804

サムライエッジ スタンダードモデル(シルバーフレーム)

サムライエッジモデルの特徴、ロングタイプのスライドストップレバーが

ノーマルタイプになる弊害もありますが、なかなか(個人的に)気に入っている。

聞けばこのシルバーフレームモデル、「ウェスカー」という登場人物の使用銃らしく

よく知らないので「ウェスカー・モデル風」とさせていただきます。

(シルバーフレーム化計画は、これにてネタ切れ・・・)

M92F フレームシルバー

ついに、「ベレッタ」という今まで(個人的に)馴染みの無かった銃に手を出した。

映画「ダイハード」のTV放映を見ていて、ブルース・ウィリス扮するマクレーン刑事が

手にしていた「ベレッタM92F」が気になったのだ。

でもそこは、シルバーフレーム・マニアな私・・

Dsc08805

東京マルイのこのモデルには、シルバーフレームモデルとその逆、シルバースライドモデルが存在し、

当然「シルバーフレームモデル」を選択。

しかし、箱出し状態ではアウターバレル(銃身)もスライド同色の黒のままでカッコ悪かったので、

ヤフオクでジャンクのシルバースライド(部品のみ)を落札して、シルバーのアウターバレルを移植して

イイ感じになりました。

またこのグリップが独特で、実に握った感触が素晴らしい!

モデル化する際に、日本人の手に合わせて設計したそうな・・実にイイ!

東京マルイのサイトはこちらです

ハイキャパ・シルバースライド・シルバーフレーム

さて、まだ続くエアガンシリーズ。

前回、フレームをシルバー塗装して、

Dsc08624

ブラック&シルバーのゴキゲンルックgoodに仕上がったハイキャパ。

 元々のシルバースライドに戻したら?? と付け替えた。

 

Dsc08626


ん、コレはコレでイイなぁ。。。

 

Dsc08633

ハイキャパ 4.3もなかなか良い雰囲気だなー




10年ひと昔とは言うけれど・・

歳を重ねるたびに、年月が過ぎるのが早いな・・とは思っていましたが。。。

あらま、、あと半年もすると、北浦和へ通いだして10年になることに気付いた。

あ、そぉ~ですか。。そんなになりますか?

当初は何の目的もなく、他人に感化されて中古のコニカミノルタα-7Dを購入したのが

きっかけで、鉄道でも撮ってみようか? と近場の北浦和へ通い始めました。

 

Pict1201

そんな頃に撮ったカシオペア。

まだ連写が3コマ/秒でタイミングが合わなかったり、

銀塩時代の100-300mm安価ズームで焦点距離が毎回変わっていたり・・

また今思えば、この頃のどれを見てもピントが甘く、

カメラ本体がピントずれをしていたのかも知れません。。(レンズもショボかったけれど)

ま、どヘタ加減は相変わらず維持してますが・・・sweat02

 

あと4年でこの世に生を受けて2回目の東京オリンピックが来るよ・・・(出来るのかな?)

10/10 カシオペアクルーズ

10月10日、体育の日。連休最終日・・・

久々にカシオペアと、休日のタイミングが合った。

前々からココで撮ってみたら・・?というポイントがあったので、

午前5時半に原チャリで、、かなり遠出だ・・・・

さ、現着すれば一番乗り。やれやれと撮りたい方向に目をやれば・・・ん?

何か景色が変わってる??  

あ"~!!!! 虎棒&イエローロープ増設&新設という乱立状態・・・

コリャだーれもいないワケだわなぁ・・

急きょ変更せざるを得ない。 急いで第二会場へ・・・dash (空いてるかなー?)

幸いこちらも一番乗り。落ち着いて列車を待つ。。

 

Dsc02710
9011レ カシオペアクルーズ EF81-97

陽が出なかったのが幸いしたかな?

スロコン?

近年の自動車は、まるで「電化製品」だなー。とつくづく思うのです。

古くは、エンジン制御にコンピュータが導入されて、キャブレータから

電子燃料噴射になった。

いつしか、アクセルもワイヤーでスロットルバルブを直接開くではなく、

フライバイワイヤ、などと呼ばれている電気信号で作動するものに変わった。

そしてパワーステアリングにしてもエンジンのファンベルトで油圧ポンプを駆動させていた油圧式から、

乗用車のほとんどがモーターでハンドルの操作力を補助する電気式が主流になった。

最新の35スカイラインは、ステアリングシャフトすらないという、、、機械的に繋がっていない。

ハンドルはただ、曲がるためのスイッチで、、その信号でタイヤが左右に切れるという、、

これも将来の「自動運転」に向けての技術のひとつなのだろうが、、そんなんでイイの?

まるで、原寸大のラジコンに乗って操縦しているようなのもではないか?

と、技術の進歩のスピードに付いていけない私なのです。

 

 

話が長くなりましたが、そんな技術も使いよう。

私のKカー。スズキパレットのアクセルもフライバイワイヤなのだ。。生意気に。。。

ま、「もたつき」が代名詞の軽自動車、思うように軽快に走らない。

私だけかも知れませんが、、おそらく人によって「足癖」というものがあり、

通常、信号発信加速ならアクセルの踏み加減は「このくらい」これ以上でも以下でもない。

しかし並んでいたクルマは遥か前方へ、、後ろのクルマには私が犯罪者かのようにピッタリ突かれて迷惑をかけてしまったいたり、、しかしアクセルを踏み込むのはなんか感覚的に違うんだな。。

そこで、「スロコン」なる商品を取り付けた。

要は、アクセルペダルの踏み込み具合とスロットルバルブの開き具合の比率を変化させるものだ。

決してパワーアップするパーツではない。

バイクでいう「ハイスロ」的なものと理解頂ければと。。

Dsc08790

踏み込み量より多くバルブが開く「スポーツモード」(当然燃費は落ちるけど、好感度!)

アクセルとバルブが1:1でうごく「ノーマルモード」(装着の意味なし)

踏み込み量よりバルブが鈍感になる「エコモード」(燃費は上がるんだろうけど・・軽自動車には不要)

の、3モードがあり、スポーツ・エコモードそれぞれ7段階の比率変化が調整できる。

試走の結果、スポーツモードの3~4くらいが私的にはアクセルと加速の感覚が合ってるかな?というところです。

取り付けは簡単すぎて、、工程は省略してしまいました。。。20分ほどで終わりました。

【惜別】 39685・・ 

DJ誌10月号にあるように、さいたま市中央区役所前にある「39685」の解体されるようだ。

記事には、「解体されてしまった」と記されているが、幸いにもまだその姿は保たれているので、

散歩がてら曇天の下カメラを肩にかけ最後の姿を収めに行ってきた。

自宅から徒歩10分・・

Dsc02641
すでに腕木式信号機は撤去されてしまっていたが、「39685」は健在だが・・・

Dsc02611
見るからに「ボロボロ・・」 40年以上この場所で雨ざらしの影響は蒸気機関車を鉄クズにしてしまった。

Dsc02612
デフレクター・・ 指で突いたら穴開きそうだ。

Dsc02619
キャブ部の屋根は朽ちている・・

Dsc02622
テンダー側から・・

Dsc02628
屋根には穴が開いてしまったようだ。

Dsc02629
発電機も・・形があるのが奇跡的状態。

Dsc02631
シリンダー部の板も剥がれ・・

Dsc02636
以前より、確かに状態ヒドイな・・とは思っていましたが、

改めてこう見ると・・これ以上の保存は困難なのは一目瞭然・・・

またDJ誌には「史料的価値のある部品類は、JR東日本や鉄道博物館に所蔵される・・」とあるが、、

部品として、外せるのだろうか??

私が幼少の頃は、運転台に入れる階段が設けられており、

よく運転席に座り、バーチャル・SLでGO!を楽しませてもらったことに感謝し、

惜別の意を思う。



関連記事、39685のNゲージ








9/10 信州カシオペアクルーズ

64-37牽引の信州カシオペアクルーズが武蔵野線を帰ってくる・・・

武蔵野線なんて撮ったことないし・・、以前の勤務地近所で時々偵察していた場所がある。

どうなっているかわからないけれど、行ってみるかぃ? と原チャリGoGodash

着いてみれば、先客4名さま。 アレ!浦和の住民さまと、もう1名北浦和で

お会いする方でした。ご挨拶して場所を分けて頂きました。ありがとうございます!!

わ、、逆光・・スゲー しかもレンズが短すぎるぅ~・・

200mm×1.4テレコン×1.4カメラ内臓インチキ望遠・・・400mmくらいか?

わわ、、陽炎ゆれてるー! とはいえ避けられない。。

そして通過時刻・・・な、、なんでこんなタイミングなん???

 

Dsc02594
信州カシオペアクルーズ EF64-37

あらら、、       残念でしたsweat02 

さ、帰りましょう・・

皆さま、お疲れさまでした・ありがとうございました。

9/4 カシオペア紀行(回送)

昨日のカシオペア紀行の牽引機が81号機という情報だったので、

前回尻切れだった81号機カシオペアの撮り直しをしようと思って北浦和へ。。

日没時間と通過時刻を確認すると・・かなりキビシイと予想される。

晴れればそれなりに明るいが、かなりビル影が伸びて悲惨な日当たりになるだろう。

しかし、雲が多いので影問題は心配無用と思っていたが・・・イヤイヤイヤイヤsweat02

予想以上に露出が稼げなくなってしまった・・ま、仕方ない。どっちもどっちだ。

少々早めに着いてしまいかなりヒマしていましたが、久々にお会いする29683さま、

そして浦和の住民さまも来られてお話しタイムも出来、ありがとうございました。

 

Dsc02529
カシオペア紀行・回送(ってHMないんだからわかるか・・)

あまり使用したことがないくらいISO上げましたが・・・やはりヒドイな・・・

また雑草軍団も下からニョキニョキとフレームインするほど伸びてきた・・厄介だ。。

8/13 EF81-133カシオペア紀行

お盆休みに入り・・毎日暑く、、「ぐでぇ~」としていてもムダに時が過ぎていくだけなので

勇気を振り絞る・・というほどでもありませんが、炎天下に出ましたょ。。

近場の北浦和へ、、

 

Dsc02495
カシオペア紀行 EF81-133

ちょうど太陽が真上に近い・・・

窓ガラスの映り込みが暗いなぁ・・と、そっか!ヒサシの存在感たっぷりな影でした。

赤い杭がペンキ塗りたてなのか、すごく目立ちます・・

«「金」1・2

フォト
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ