ランエボⅢ!

前回、唯一見つけたランエボⅢのミニカーでしたが、

少々残念な出来で・・・

海外ミニカーからの製品化を待っていましたが、見つけました!

Dsc09362_2

IXO RAC094 MITSUBISHI LANCER EVOⅢ Rally 1000Lakes 1996 T.Makinen/S.Harjanne


やっと実車の造形に近いモデルが手に入りました。しかも王道のT・マキネン車

今や、トヨタWRCチームの監督ですが、やはりランエボのイメージが強いです。

T・マキネンは、地元であるこの1000湖ラリー(現ラリー・フィンランド)は、1994~1998年まで

5連覇しています。(94年の初優勝は、フォードからスポット参戦でWRCデビューウィンでした)

11/3 ゆる~くカシオペア紀行・・まだ撮りますょ。

11月になり、日の入がずいぶんと早くなりましたねぇ。

でもまぁ、秋晴れの日だったので「行ってみますか」と、ゆる~い気持ちで・・・

さすがに皆さん諦めモードか? 誰もおりませんでした。

もぅ、カメラを振らないとならない露出は覚悟の上、先行列車で練習は欠かせませんが・・

コレばかりは、いくら練習したと言え・・本番は一発勝負。祈るのみ。

Dsc03656
カシオペア紀行 EF81-98

まぁ、、、なーんとか見れる程度に撮れました。(自分には甘いデス!)

98号機、塗装がキレイで白ボケしてきた95号機より良いと思いました。

ランエボⅢ・・・なの?ξ

久々のミニカーシリーズです。

ランサーエボリューション、型式「CP9A」と呼ばれるEvoⅤ・EvoⅥのミニカーをご紹介してきましたが、

私が好きなのは、5ナンバーエボ、まぁ自分が乗っていたという理由も大きいですが、「CE9A」という型式の

EvoⅡ・EvoⅢが大好きなのですよ。

しかし当時、このCE9Aのミニカーがなかなか無くて・・やっと見つけた!と入手したのが・・

Dsc09367

MTECH MR-05 MITSUBISHI LANCER WRC SPEC

三菱ランサー WRC仕様車 というなんとも曖昧なモデル

しかもなんとも残念な”ずんぐりむっくり”な造形・・・一応EvoⅢなんだが、、

実車を採寸してそのまま縮尺すると、若干イメージが異なってくるそうで、

ある程度見栄えを良くするためにデフォルメが必要なんだと、あるミニカーメーカーデザイナーの

インタビュー記事を目にしたことはありましたが、、やりすぎちゃった感ハンパない逆効果です。
ま、このミニカー1/43サイズなのですが、「対象年齢3歳以上」との箱書きがあることで

これはこれで納得せざるを得ないのか?・・

ゆる~くカシオペア紀行・暗くなりましたねぇ・・

14日 雨予報の一日、雨さえ降っていないものの雲の厚い一日。

さてカシオペア紀行。どうしましょうか?

もともと露出不足の撮影は「あけぼの」で散々やってきましたが、

久しぶりぶりなので、チャレンジ精神で行ってみるかぃ?

ぅわ、気温が低くなりました。すっかり秋なんですね。

さすがにこの露出じゃ人も少なかろう、と。うん、毎度のヌシさまともう1名。計3名。

もともとカメラを振るつもりで来ているので、何本もの先行列車で試写を繰り返すが・・

まぁ、、ヘタなものは何べんやってもヘタなのだ・・

その結果がコレです・・(ま、ゆる~くなのでヨシとしましょう)

Dsc03589
カシオペア紀行 EF81-95

ヌシさまも、フィルムでは限界を超えてしまったなと、「敗北宣言」でした。

カシオペア紀行 上野行き

10月になりました。

そんな1日、カシオペア紀行が青森発・上野行きという逆パターンでの運行。

ほぼ以前のカシオペアと変わらぬ時刻と、、

少し早いかな?と約1時間前に毎度の北浦和へ行くと・・

Tさまと、もう1名さまがすでに・・

Tさまと大変ご無沙汰のご挨拶をし、1時間退屈せずお話が出来、ありがとうございました。

Dsc03511
カシオペア紀行 EF81-97

この時間、この陽当たりでヘッドマーク付き・・・とっ・・・ても久しぶりでした。何もかも。。

ゆる~くカシオペア紀行・Ⅱ

23日祝日 

朝までの雨も上がり、せっかくなのでお気軽ポイントへ向かうと、、

はやりCanonF-1使いの大先輩のヌシ様が、、列車が来るまでお話をさせて頂きました。

もう高感度フィルムの入手が困難になってきたそうで、真剣にデジタル化を考えているそうだが、

そもそも撮りたい列車も減る一方で躊躇してしまう・・とのこと。

Dsc03460
カシオペア紀行 EF81-95

95号機、赤い塗装が色あせて所々白っぽくなってきましたね。。

さて、日の入りも早くなってきて、撮影限界もすぐにやってきそうです・・

原付とは言え、Tシャツ1枚では少々寒さも感じる気温でした。

虹と夕焼け

12日 帰宅時に虹が出ているのを発見。

家路を急ぎ、カメラを持ち出し消えていく虹を収めた。

Dsc09391

なんとか間に合った・・・

すぐに夕陽は雲に隠され虹は消滅しました。

そして

Dsc09401

夕焼けは見事でした。

ゆる~くカシオペア紀行・・

久々の土曜休日。残念ながら午後に用事がありカシオペア紀行は諦めていましたが、

間に合うけれど・・近場しか行けない時刻だ。

ま、気合いも入らないし、尻切れてしまうけれど(自称)お気軽ポイントに行ってみよう。

「おっ!」さすが・・ このポイントのヌシである「Canon F-1使い」の大先輩がおられました。

ご挨拶して列車が来るまでお話をさせて頂きました。

 

Dsc03424
カシオペア紀行 EF81-98

もう少し引き付ければ・・と思うところですが、、架線柱がうるさくなるのでこれが限界です。。

まぁ、そんな目尻を吊り上げることなくゆる~く見て下さいね・・

もぅこの先は陽も低くなり各所日当たりポイントもバーコードになってきそうなので、

ココで落ち着くかも知れません・・・。

ん"~、北浦和名物・・(懲りない)

お盆休み中の12日、81号機のカシオペア紀行を

カメラが錆びぬように撮影に出たのですが・・・

カメラよりもはるかに早く、私の腕がガッタガタに錆びついており

そらぁもぉ、ヒドイ出来で。。かなりの精神的ダメージを負いました・・・

ま、そんなんでリハビリです。

21日(月)平日出勤日ですが早起きです。毎度の北浦和へ。

顔見知りさまと二人きりでしたが、、

 

Dsc03390
返却・カシオペア紀行 EF81-95号機

ま、同じ時刻に来るので毎度イチかバチかの賭けですわな。。

今回は「損傷は軽微」というべきか・・

カリスマGT ?

WRCミニカー・シリーズ(?)も次の車種へ行きましょう。

ミツビシ・ランエ・・・ん?  か、、カリスマGT?

Dsc09332

SKID SKM99003 MITSUBUSHI CARISMA GT Winner GREAT BRITAIN RALLYE 99 R.BURNS/R.REID

ランエボⅤ(5)じゃん・・ しかも若くして脳腫瘍で亡くなったR.バーンズ車

そしてもう1台

 

Dsc09333

SKID SKM99037 MITSUBUSHI CARISMA GT RALLYE MONTE-CARLO 1999 F.LOIX/S.SMEETS

ランエボⅥ(6)では?

欧州では一時期「カリスマGT」名で販売されていたそうで、その地域でのラリーの

エントリー車名は「カリスマGT」だったということですね。 

ということで、「ランサー・エボリューション」ではなかった? 

またT・マキネン車でなかったせいか?人気薄、セール品行きになり、

私が安価で入手した。。ということでした。

 

«毎度、北浦和名物・・・ξ

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ