PhotoGenicに高級感がチョット出たよねぇ?

まだしつこく続けます。。(アシカラズ)

出来上がったPhotoGenic2号機!

Dsc00736

お気に入りデス。

WilkinsonというPUも好みの音です。

※超スーパー個人的感想ですが、

先のGrassRootsより好みです。

説明が難しいですが、、

GrassRootsは、乾いた細い音がします。

Wilkinsonは、湿った太~い音がする・・と言った印象です。

高音&中音の出方が違うんでしょうね。

まだ他のギターたちとも比べていないのでまた印象が変わってくるかも知れません。

 

さぁ!ココで第二弾!

PhotoGenic1号機。ご自慢のDimarzioが付いていましたが、、

他の中華製PUギターのアンプセットのまま弾くとパワーありすぎてグシャグシャ音になってしまい

少々扱いづらくなってしまったので・・(ちょっと贅沢・・)SELDER機のピックガードを移植しながら少々仕様変更し、

Dsc00750

2号機と同仕様にしました。センターシングルは「GOTOH」をチョイス。

(上下の中華ハム2個セットより遥かに高価デス・・)

ハムもGrassRootsよりは、Wilkinsonよりな印象です。

(ま、足りない部分的なところをPUの高さ調整で補おうと調整していたら・・何が何だか・・ξ 的な部分も・・)

しかし、見た目の印象は、

Dsc00739 Dsc00755

やはり、(上側のブルーメタの)2号機の方が高そうにみえるのは私の自己満足なのだろうか?

 

PhotoGenicに高級感は出たのか?

はい、第二案で決定しました。

ところで第一案、何の説明も無しに廃案となってしまったので

コレね

Dsc00722

なんだか普通でしょ?

一応、ノーマルでいうセンターPUのトーンコントロールをPUSH-PULLにして

2つのハムPUのタップスイッチにしていたのですが、、

そもそも最初にピックガード探しをしていた時から、なんで「1V・1T」の市販HSHピックガードが存在しないのさっ!

と、あまりご希望では無かったワケで・・

弦を張り、音を出すことも無く・・廃案に・・

そこで、、試行錯誤・・支離滅裂・・?   

完成!!

 

Dsc00735

(画像ちっちゃ・・)

Dsc00740

(ピックガードの穴位置が合っていない箇所はまだ止めていません・・)

スピードノブへ変更して金属の恩恵にあやかろうと・・・

コレ、イモネジで止めない触ってもノイズレスの差し込みタイプ。

そしてトーンは1個で十分だ、と1個廃止してミニスイッチを付けました。(なんかのパクリじゃん・・)

とは言っても、このスナッパータイプ(って言う?)ギター、安易にタップのスイッチなのは理解しますが

実際に触ったことが無いのでどう作動するのか理解していません。

私的には、SSHな使い方もしたいと考えて・・電気的な知識もあまり無いのですが、、

ギターパーツのスイッチ類の商品ページをアレコレと散策して・・深夜になりましたとさ。

コレかな?と閃いたのが「ON-OFF-ON」(2回路)のタイプ。

これまた深夜までハンダごて片手に、、どぉ配線したらいいのやら・・・・ξ

紙にペンで配線案を書いてみながら・・コレでイイのか?・・と数時間・・もぉ寝よ、あしたあしたzzzz

失敗を繰り返しながらも・・想像通りになりました!

 

ミニスイッチを上側に倒すと・ネック側ハムのみタップ。(SSHになります)

ミニスイッチを真ん中は2ハム共にハム。        (HSHになります)

ミニスイッチを下側に倒すと・2ハム共にタップ。   (SSSになります)

 

「Wilkinson」のPUは、、、、さすがにダンカンみたいな風格はないですね・・

見た目で選んだので音に関しては比べたりしませんが、不満は無いです。

あぁペグですか? ぅん。最初に付いてたペグよりもヒドイものは無い様なので、

きっとどんなペグをつけても「良くなった」という感想になると感じました。

 

うーむ、満足満足!しばらくお気に入りギターになりそうです。

高級感が出るか?の企画でしたが、

結局、お気に入り仕様になりました・・になってしまいました。

思い付きで始めると、こんなモンですね。。

 

出た! PhotoGenicのクオリティを見た・・のか?

さてさて、PhotoGenicストラトの外観グレードアップ企画・・(どうかグレードダウンになりませんように・・)

ピックガードを組み上げながらも、やっておきたいことがアリ・・。

ペグ! トルクがバラバラで中には、グルングルンとトルクが変化するモノもあり気持ち悪い。

あぁ、安ギターなんだな・・ってガッカリする部分だったので交換することに決意しました。が、

シャーラーとか、GOTOHさんちのナンチャラロックとか?イイんでしょうけど高価すぎる。PhotoGenicに付けるんですよ。。

Dsc00717

Amazonで、安いわりに高評価のキクタニというペグを購入してみました。(台湾製なんですね)

こんなもん同寸法なんだろうから、チャチャっと取り換えてしまおうと、元ペグを外して、

キクタニペグを取り付けて、裏のちっちゃいビス穴もまぁまぁピッタリ・・

(中にはペグ曲がってない?という穴を開け直したい箇所もややアリましたが遠目で見れば許容範囲ということで)

こんな作業手探りでも出来るわい!と進めていたのですが、

どーしても5弦のペグ、裏側ネジが入って行かない・・なんでだろ~なんでだろ?

ペグを外して、ネックをひっくり返し老眼鏡&虫メガネでネジ穴を見ると・・・!?

Dscf6260

ネジ折れてそのままやん!(開け直してよく付いてたものだ)

ネジにネジは入りませんね。(納得)って納得している場合ではありません!

抜かなければペグが付きません!

チョット周りの穴を広げて折れたネジの頭がつまめるようにして先の細いロングノーズプライヤーで(ラジオペンチってヤツね)

少しづつでも回ればこっちのモンですよ!

Dscf6262

救出成功!あまり悩まず大胆に出来ちゃうのがPhotoGenicの強み?

しかし、、、製造中に折るな!

Dscf6263

爪楊枝とタイトボンドで復旧作業・・・

Dscf6264

翌日、平面を出して復旧終了。

※PhotoGenicってリペア好きな人には、最高のメーカーなのかも知れません!(軽い皮肉です)

 

Dsc00724

で、組み上げ・・・どぅです?

私的には・・高級感というのはまだイマイチですね。

(安っぽいボディ色とネックのクリア塗膜が無いのが大きいのかなぁ・・)

まぁ、第一案ということで、もう少し考えます・・・

まだ弦を張っていないので、ペグの良し悪し感想は無いのですが、

空で回してみた感じは・・・ん~、、こんなもんなのかなぁ?トルク違うのあるしなぁ、という印象でした。

また、もう少し変えてみたい高級ではないパーツを探し集めたいと思います。

 

 

PhotoGenicに高級感は出るのか?・・・

はい、誰も待っていなかったと思いますが・・(汗)

本編スタートです。

Dsc00178_20200614002001

キレイな中古だったPhotoGenic2号機

 

Dsc00389_20200614002101

リヤハム仕様にしてみたりしましたが、、先入観なのか?ナニか安っぽい・・

見た目だけでも高級っぽく出来るだろうか? 高級パーツは使わずに(この時点ですでに間違い・・・)

見た目のイチバンは、メイプル指板のぶ厚いクリア塗装を施したい部分ですが、、今回はパスします。

 

Dsc00716

で、今回揃えた部品たち。

パールのピックガードにしたら・・なんて思っただけなんですが・・

ピックアップは、セイモアダンカンなんてPUに文字があったら自己主張あるよね・・でも

そんなギター本体より遥かに高いパーツは避けたい・・てか買えません。

アマゾンで「Wilkinson」なる文字入りの(中華製)PUがあったので、ダンカンの代用に・・

さて、どうなることやら・・・

 

かみんぐす~ん・・?

また・・ナニか良からぬことを実行し始めました。

Dsc00709

むふふ・・(わざと、ピンボケしてます)

また近いうちに・・お会いしましょう。

 

GrassRoots ネック編&仕上げ

ささ、、ピックガードのキズ直しが、良い方向に期待ハズレだったGrassRootsギター

せっかくの休日も外には出られない昨今なので、ギターのメンテナンスしています。

 

中古ギター定番のネックなどを仕上げていきます。

Dsc00653

まずは、指板をマスキングしてフレットを、、

2000番の紙やすりで軽く磨いてからコンパウンドで磨きました。

ででで、、

Dscf6257

指板をクリーナーシートでゴシゴシすると・・ややヨゴレが・・

まぁ、カワイイものです。画像はありませんが、前回ジャンクのLiveKingストラトは、

うげげ・・という表現で察してください・・・というほどでした。

Dsc00658

ハイッ!レモンオイル&みつろうクリームで仕上げて、キレイになりました。

 

でで、我が家へ来て試奏しながら、、音詰まりする箇所があり、、弦高高めにしないと弾けないなぁ・・という状態だったので

心当たりを確認すると・・・

Dscf6253

定規を1・2フレットに密着させると・・24フレットではフレットの高さ分ほどのすき間・・・

逆反りってヤツですね・・

 

Dsc00662

さぁ、近年のギターはこんなトラスロッドが多くなってますね。

ダブルアクション・トラスロッドって言うのですか?

(ってボディ割れてるではありませんか!・・隠れる部分なので気にしない事にします)

ところで、付属品が付属しなかったのですが・・コレ、、ナニで回せばイイのやら・・

Dsc00664

アラ、、3㎜の六角レンチで回せそうです。

90度くらい緩めたでしょうか・・・

続いてはサビサビだった弦高調整のイモネジをステンレス製イモネジに変えます。

Dsc00669

1.5㎜六角軸のドライバー、すごく便利です!オススメです。

ということで、ブリッジも全バラシて、磨き上げて組み直し

弦を張ってチューニング&オクターブチューニングも調整し、弦高も低めに調整。

Dsc00695

出来ました。ツマミ類はホワイトにしてみました。。

ボディはワックスを丁寧にかけ直してクスミを消しました。

Dsc00697

完成ッ! まったくフレットの減りも無く、大きなキズ&打痕も無い。

ピックガードも保護フィルムが付いたまんまだった・・

ほぼ新車・・走行距離、極わずか・・な状態。。

ネックも違和感無く弾きやすい。値段も安かったので気軽に弾ける。

メインギターにしてもイイかなぁ?

今回はイイ買い物だったと自負しております。

さて、何の曲から覚えようか・・・(弾けねぇんじゃん・・・)

GWの課題が出来たか?・・

 

 

あけぼのロス症候群?【再発?編】

「あけぼの」の定期運行が終了してもぅ6年が経ちました・・

毎週のように休日朝の日課になっていた撮影でしたが・・最近はさっぱり・・

鉄道の情報誌すら手に取ることも無くなりました。

そんな中、懐かしく購入に踏み切ったものがありました。

Dsc00554

20系寝台客車 7両基本セット  というもの

内容は、、

カニ21

ナロネ21

ナハネ20×2

ナシ20

ナハネフ23

ナハネフ22

という7両。

編成表を確認すると、「あけぼの」フル編成を再現するにはあとナロネ20が5両必要のようですが、、そこまでは。。

バックサインも

Dsc00564

見難いですが、「あけぼの」あります。

他は、「あさかぜ」「出雲」「瀬戸」の4種選べます。

Dsc00568

ナハネフ23用のバックサインもあります。

細かくて、、老眼には読めません・・・

 

おっと、、忘れてはイケナイものも入線しました!

 

Dsc00641

PFの前期形・・コレが無いとね。

欲を言えば、、あとパンタ撤去されたカニ22なんてあれば即買いなんだけれど・・

 

GrassRoots ピックガードのキズ・・あら!?まさかの・・

前回ご紹介した、私でもカードではなく、現金払いで買えたほどの安価だったGrassRootsギター

Dsc00598_20200424222201

よーく見たらドン引きするはどの深いキズ・・

 

しかたない・・バラして耐水ペーパーで削って、

仕上げにランダムアクションサンダーでコンパウンド磨きしてみようとピックガードを外す。。

 

 

Dsc00615

お。。コントロールキャビティ内に導電塗料が塗布してありました。

この価格帯のギターでは珍しい高級処理ですね。(ちゃんとテスターで導通を確認しましたって・・ホントですって)

しかし、アースはネジ止めされてなく、トーンノブ付近にハミ出し塗りがあり、ピックガード裏のアルミ箔に

直接触れるようです。

 

さて、ピックガードの電装品をすべて取り外して、磨くべぇ・・と観察。

Dsc00605

ふと。。。あることに気づく・・・こ、、これはっ!!!

必要工具は、利き手の人差し指の爪・・・

Dsc00608

ぺりぺりぺり・・・・

Dsc00611

あららら・・・あっという間にキレイピカピカになってしまいました。。とさ。

まさかの展開でありましたが、、

本当に初心者さんの一発目のギターだったのでしょうね。。すぐに飽きてしまったのか?

もっと高級な1本に買い換えたのか??

さ、ピックアップ類を戻して次はネック&ボディなどをキレイにしていきますよー!

 

シースルーブルーが欲しかったんだよー!

はい・・スミマセン・・また買ってしまいました。。

何気に入ったOFF HOUSE。

キラリと目を引くシースルーブルーのギター。

あぁ、、シェクターやESP・スナッパーなどに代表されるようなフロイドローズ付きのお高いヤツ・・・? じゃないですね?

ロッキングアームではないですし、、マッチングヘッドじゃないし、シェクターじゃあ無いわな・・わ!やすッ!

品定め開始!・・・ネック&フレット・・悪くない。ボディ・・大きな打痕など見当たらない。

・・・でも今、購入はやめておこう。。ちょっと考えよう。。と店を出た。

定価いくらのどんなギターなのかもわからずに・・てのもねぇ。

まぁ、ネットで調べてみたけれど・・すでに生産終了しているモデルのようだ。。

でも中古としての値段も妥当のようだったので、次に行ってまだあったら購入しようと、、1週間後。。。

Dsc00579

GrassRoots G-MR-45R or G-MR-55R どちらなんだか区別が付きません。。が、おさらく45Rなんでしょうね。

SSHが理想でしたが、2ハムですね。コイルタップ出来ます。

で、舞い上がって購入してしまいましたが、、家でよーく見てみると・・まず。

Dsc00592

弦高調整のイモネジ内部が錆びておりました。手汗にやられたか?

そしてボディをポリッシュで拭きあげていたら・・(画像に撮れませんでした)

弾いて、右手首が当たりそうな位置に塗装の曇りがありました。

右手に腕時計をする人だったのか?じゃらじゃらのブレスレット攻撃なのか?

Dsc00599

パールのピックガード。なんかねぇ、、艶がねぇ・・

光源を反射させると・・

Dsc00598

な、な・・ナニで弾きましたん?? というような深い悪魔の爪跡が・・

ブライアン・メイ師匠のコインで挑戦しましたか?? しかし傷の方向がヘン?

 

などなど、少々問題児ではありますが、、ちょこちょこ分解しながら更生して行きたいと思います。

たぶん、続く・・・

 

はやり違った!中華製ピックアップ(私ごときでも判った違い)

ギターいじりもひと段落して、なんとか一曲でもまともに弾けるようにと、リハビリに励んでおります。。が、!

そんな最中にふと、気付いたことがありました。

ま、「今更」とか「当たり前」などのお言葉を頂きそうな事案ですが、

Dsc00548

↑コレらの私的に「お高いランク」のギターたちの音を楽しんでおります。

まぁ、楽しむったって・・環境は音を外に出すなんてことは許されないので、、

Dsc00537

こんなチューナーとヘッドフォンアンプを繋いでいるだけですが・・・

まだまだ「曲」と言うには程遠いので、音作りなんて先のことです。

さてさて、ジャカジャカ&ズンズンと気持ちよくなりながら、、そのまま

Dsc00543

こっちの「中華製ピックアップズ」に持ち替え、ヘッドフォンアンプの設定も変えずに音を聞くと・・・

ん!?違う!明らかに違う!音量どーこーではなく。低音が明らかに出ていない。。

ピックアップ自体の価格差も含め、ギター本体の材質や構造違いもあるのかも知れませんが、

比べるモノがあるから判ったことであって、コレしか聞いたことがないのなら、、

コレはコレで、不満は無いのだろうと思います。(今までそうだったのだから・・・)

また追及し出すと弾くよりイジルのが楽しくなりそうなので、「仕様」ということで楽しみたいと思います。

 

«ハロ?Ⅱ

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ