8/17 カシオペア紀行 秋田・湯沢行き

お盆休みも終盤、猛暑真っただ中!

しっかし、私的にはカシオペア紀行が撮れる貴重な日なので、

先週に続き出ましたよ、猛暑の中・・・

今回の列車は湯沢へ行くというので、上越線?EF64付くの??

なんて勝手に思い込んでいたら、あっさり通常運転、EF81だけだって、、

まぁ、危険な暑さと言われる中、、先週、1時間前に行ったら満員御礼状態だったので、

95号機ではないから、そんなにでもないかな?と思いながらも、もう15分早めに行ったら案の定・・1番乗りだった・・

あらまぁ、炎天下にまだ1時間以上あるんだぞ、、でもまぁなんとかなるもので、

わずかに吹くそよ風と、あとから来られた26983さま方々と会話を楽しみながら時間潰しが出来ました。

 

Dsc05798

カシオペア紀行 EF81-139

 

皆様、ホントに暑い中、お疲れ様、と言うよりも

ご苦労様でした。

 

 

8/12 (回)カシオペア紀行

10日(土)に青森へ向かったカシオペア紀行が、毎度毎度・・返却回送です。

前日からの天気予報は曇り。実際の空模様も曇り・・

露出不足を気にしながら毎度の北浦和へ・・

すでに先客さま1名、挨拶して脚立を立て露出を確認・・暗いです。

Uさまも来られて3名でまったり待機。

6時に近所のお寺の鐘が鳴り、遠くにライトが見えてきた。

 

Dsc05770

(回)カシオペア紀行 EF81-95

手前に置かれたレールが残念・・・

Uさま、ご一緒された方、お疲れ様でした。

 

8/10 カシオペア紀行

そろそろ鉄道ネタを入れないとお叱りを受けそうな予感が・・する?

と、やっと熱中症と日々戦いながら訪れたお盆休み!

もぅ暑い中へ出るのは勘弁だな・・と思いつつも「鉄道ネタ」というキーワードに負け、

近所でイイか・・と出てみた。 さすがに通過1時間前に行ってみると・・遅すぎ、、

すでに立ちたいポジションは満員御礼。。砲列のハジっこでも仕方ない。

Uさまとすごく久しぶりにお会い出来ました。お元気そうで何よりです!(暑い中出てきた甲斐がありました)

少々風も吹いて想像よりも過ごし悪くもなかった。。

Dsc05742

カシオペア紀行 EF81-95

この立ち位置だとお尻切れちゃうかもな・・と思っていたのですが・・・

こういう対処法があったか! と良い方に考えることにしました。

久々に鉄道ネタでしたが、、こんな駄作で申し訳ございません。

鉄道ネタ?「カシオペア紀行ネタ」と言うべきだろうか?

 

アコースティックギターをメンテ

はい、ギターメンテおやじコーナー!

続いては、フォークギターも押入れから出てきました!

Dsc00262

MORRIS W-60    というギター

ハードケースの中には、保証書もあり、購入日の記載は、、

「1980年8月26日」とあった。(約39年も前か・・)

きっと夏休みのバイト代貰って、翌日にすっ飛んで買いに行ったんだな・・きっと。。

 

さて、メンテ開始だー! 弦を外してネックの状態は、あ~ららぁ~・・・

Dscf6220

定規とフレットのすき間みえますか~?? すんごい逆反り・・・

Dscf6222

テーパーゲージを差し込むと・・2㎜くらいのすき間が・・

トラスロッドを回して修正し、フレット&指板のクリーニング。

Dscf6223

1~3フレットくらいは、1、2弦の減りがありますね。(現状のまんまでいきます)

指板&ブリッジは、レモンオイル&みつろうクリームで仕上げました。

指板、ローズウッド、黒いですね、

ボディもポリッシュ&ワックスで拭きあげて

エリクサー弦を張って

Dsc00269

ジャ~ン! 完成! キレイキレイ!

すっかりジャパン・ヴィンテージ。(?)

確か、スプルース単板・・

Dsc00271

マーチンD-45(D-41?)のコピーみえみえ・・(装飾は簡素ですが・・)

Dsc00270

でもバックは3ピース。D-35?

ハカランダ材のギターも今では貴重なんですよね・・確か。。

 

まさか「PRS(SE)」を手にする日が来るとは・・

それは、またまた仕事中の時間に余裕が出来た時に、ふと立ち寄ったいつもの

「HARD OFF」という楽器屋さん(?)

キレイめのジャンクギターあるかなー?・・・・そぅは無いょな・・

レジ横には、「これから並べますよー」的な商品が並んでいる。

「お!」私好みの青いギターがあるではないか・・ん⁉   ぽ? (目をゴシゴシ・・)

「ぽーるりーどすみす?」・・・(少し落ち着いて)あぁ、SEか・・だょね・・しかし、欲すぅいー!!

さすがにヘッドは最近のポールさんのサインヘッドではないが、バードインレイだ。

しかし、、ずいぶんと安めだな・・ なんでこんなお値段?

手に取り、品定め開始。なるほど・・

ヘッド側からネックを見る・・ありゃ~・・湾曲してるぅ。。スゴイ順反り・・

ボディ側面、(構えて上になる部分)にやや大きめの打痕もある。。

弾かずに飾られていたのだろうか? 金属パーツも一部状態が良くない。

トップの塗装も磨けば落ちるだろう細かいキズも見受けられる。

そして所々に良~く見れば「黄ばんでるのかな?」と思われるような変色も・・

でも・・きっとコレを逃せば2度と「PRS」なんてこの値段で手にすることも無いだろうと・・

2~3分購入を葛藤しながら、財布にクレジットカードがあるのを確認して、ギター手にレジへ!

純正ソフトケース付きだ。

Dsc00220

PRS SE Custom24

なかなかパッと見はイイでしょ? 黄ばみもわからないし。

(個人的には近年モデルのゼブラPUと白いエスカッションがオモチャっぽくて・・黒がイイ!)

PRSなんて手にする気なんか全く興味もなかったのでチョットお勉強しました。

この個体、シリアルナンバーが「N」で始まる番号から2013年モデルと判明。

Dsc00188

ヘッドデザインは旧モデル

ででで、状態ですが・・

Dsc00213

側面に打痕・・やや大きいが、目立つ箇所では無いので気にしない気にしない・・(自己暗示)

Dsc00206

付けっぱなしだったと思われるトレモロアームは錆び始めています。

Dsc00209

まぁ、ブリッジもですね・・・

そして、順反りのネック。。。

Dsc00180

6弦9フレット付近でこの弦高・・3~4㎜あるかな?(スゴイ)

Dsc00200

4つ折りにしたレシート・・0.3㎜厚の紙が

Dsc00183

ネック上に置いた定規の下をスルスルと行き来できました・・

付属品にトラスロッドレンチはありませんでしたが、手持ちの工具で回せたので、

少しずつ状態を確認しながら回して・・直りました。

試奏・・・ん? 4弦のみ開放&1~4フレットぐらいまでビビる・・他の弦はビビらない・・ナゼ?

休日を待って「YAMAHA SG」を預けているギター工房へ持ち込み現状を説明して診察していただくと・・

「んん、弦は?」と聞かれて「購入したままの弦です」と答えると・・「きっと弦だよ、安い弦が古くなってるね」と、

なるほど。。金属パーツとフレットも磨きたいのでそのままで、、とエリクサー弦を1セット購入して帰って来ました。

で、毎度のフレット磨き&指板メンテ

Dsc00244

金属パーツも磨いてピッカピカ!

ボディもポリッシュ&ワックス掛けして完成!

弦交換してビビリも解消しました。

 

突然手にした「PRS SE」・・

今までのストラトの影が薄くなっちゃうねぇ・・

ま、気軽に気を使わないで弾けるのがストラトってことで。

なんかコレクター化してきちゃったぞ?

これでYAMAHA SGが帰ってきたら・・置くところも無いぞ?

 

 

フォトジェニックのストラト・ボディ編その2

ハイ!ヨッパライのギターいじりの続きでございます。

前回、ピックガードにピックアップの装着が終了したので、いよいよボディへ載せます。

Dscf6208

さて、どーかな?

あ、、やっぱり・・ξ

Dscf6210

ピックアップのネジが長すぎる・・3㎜カットする。

そして・・

Dscf6209

スイッチ付きポットも底付きしている。

ボディを5㎜、リューターで掘り下げる。。

んで、やっとこさ装着完了!

またネックポケットが・・

Dscf6213

今回は4㎜削らないと・・

Dscf6214

リューターでチュイ~ん!

コレでネックを付けて終了・・なのですが・・

Dsc00142

ブラスのサドルをグレコさんから移植。(その効果は不明・・気分デス)

11.0㎜幅を10.4㎜に削るのに夜な夜な2日掛かった・・指先が痛くなりました。

Dsc00160

やっと完成!

グレコさん時代とのボディの違いで音が変わるのか?なんて

当時のアンプも無いし、、音自体忘れてるし・・わっかりませーん!

いやいや、、イイ音ですよー!たぶん・・

メインギター候補有力です。 

弾き憎くないですよ。フォトジェニックのストラト。(※個人的感想です)

 

 

 

 

フォトジェニックのストラト・ボディ編その1

フレットを磨いて調子よくなったハズのネックを終えていよいよ本命のボディ編です。

元々、以前の愛機「グレコさん」

Dsc09913_20190711224301

のピックアップを復活させたくて買ったストラトでしたので・・Dsc00126

セルダーのストラト同様、再び4千年の歴史の国製のピックガード・アッセンブリを用意し

Dsc00131

ピックアップを付け替えました。(クリーム色が黄ばんでしまってカッコ悪いけれど・・)

Dsc00133

ネック側ピックアップは、MOON製。

当時(約30年近く遡る・・)、新宿の「MOON」の直営店(だったのかな?)で買ったタップ出来る

デュアルハムバッカー。店員さんのオススメで、スイッチ付きポットでシングルにもなる仕様にした。

Dsc00134

ブリッジ側は、ディマジオのDP152「SUPER3」です。

現在オーバーホール入院している「YAMAHA SG1000」から持ち換えた時のパワー差が寂しくて(ストラトなんだと、割り切れずに)

「SGに負けないパワーのあるPUは?」ということで当時、楽器店員さんイチオシで買いました。

最近、「Fスペース」とは何ぞや?と思っていましたが、コレ・・「Fスペース」でした(当時からあったんですね・・)

(いまさら配線を確認したら、コレもタップ配線出来そうですね・・)

Dscf6211

トーンポットは当時、同時購入したYAMAHA SG用と言われて買ったPUSH-PUSHのスイッチングポット

今回改めて測定したら250KΩなんだょな~。(元々付いてたポットも250KΩでした、ボリュームも)

(希望はハムバッカー用なので、500KΩが理想(?))

せっかくなので「オレンジドロップコンデンサー」に変換しました。

さて、酔いが回ってきました・・・眠い。。

今回はここまで・・

 

フォトジェニックのストラト・フレット磨き

さてさて、新品で買ったフォトジェニックのストラト。

Dsc00004

前回記事にも記載しましたが、フレット表面の仕上げが悪く、

Dsc09993_20190701002701

チョーキングすると・・「ギギギギ」と音が出るほど・・・なので、

Dscf6217

プラモデル用に買ってあった#1200番のペーパーで軽く磨いてから

メタルコンパウンドで仕上げました。ツルツル&ピッカピカです。

Dscf6219

そして指板は、レモンオイル&みつろうクリームで仕上げました。

ローズウッドの色が濃くなり、高級感UP!

「みつろうクリーム」イイかも。

 

 

セルダーのストラト(中古)・・ボディ編

さ、ギターイジリが楽しくて仕方ないPIKAさんです。

夜な夜な一杯ひっかけては、まぶたが自重で落下して来るまでギターを触っているのですが、、

写真を撮るのを忘れるほど夢中になってマス・・(さすがヨッパライ..)

さて、フレットのバリと表面磨きを終えて、やはり安いシングルコイルの「ペランペラン」な音に

なんか貧弱・・と思い、、またまたアマんゾンにて4千年の歴史の国製のHSHのピックガード・アッセンブリを

買ってみました。(だってバラで部品買うよりぜ~んぜん安いんだもの・・)で、(謝)画像なしです。

でぇ、ハムバッカーを付けるのにボディにザクリを入れないとならないかしら??と

恐る恐るノーマルのピックガードを外してみると・・

Dsc00081_20190623144901

最初っからハム用にザグられておりました。ラッキーだねぇ。

(しっかし、工場で仕上げのコンパウンドのカスがスゴイ・・粉だらけです)

ザグリ工程が無いことに気を良くして、、また細かい作業を撮ることなく・・

Dsc00087_20190623144901

チャチャっと乗っけてしまいました。

細かい作業というのは、、ハムバッカーの高さ調整の左右のネジが長すぎて

ボディに当たってしまってピックガードが浮いてしまうので、4本とも約3㎜ほど切りました。

あとは、ピックガードの取り付けネジ穴が合わない箇所が数本、穴を開け直しました。定番作業ですね。

で、ネックが付くと思ったのですが、、

Dscf6199_20190623144901

ネックポケットに合わせてピックガードを3㎜ほど削らないとなりませんでした。

・・・

夜中だっちゅーのに・・・

Dscf6203_20190623144901

リューターでチョィ~ん!と、、(リューターは作業が早いっ!)

でで、

Dsc00162_20190623144901

ハイ!完成っ!!(カッコイイ!ヒューヒュー)

アンプが無いのでヘッドホンアンプで鳴らした(聞いてみた?)のですが、、

4千年の歴史なのか?このPU悪くないかも・・パワーもそこそこあるみたいだし・・

まぁ、博識のある方々が聞けばゴミみたいな代物なんでしょうけれど、、

私的には、ご立派なエレキギターでございます。

だって、ギター本体(中古)+HSHピックガード一式で、1万円以下! で このクオリティは

かなりのコストパフォーマンス度「高」ではないかと思っております。

 

さーて、フォトジェニックもクオリティ上げて(?)いきますよー!(夜な夜なですが・・)

 

 

6/17 (回)カシオペア紀行

17日月曜日、毎度の青森へ行ったカシオペア紀行の返却を狙いに早起き・・

梅雨の晴れ間は有効に使わないとね。

このところ5時過ぎに大宮通過というスジが続いていたようなので・・どっちかな?

と、早スジ対応で北浦和へ・・・来ない・・・情報も無い・・・

どうやら早くは無いみたいだ。1時間早起きを返せー!

ま、明るく撮れるので通常時刻で大歓迎です。

結局、一人で待つこと1時間・・

Dsc05690

(回)カシオペア紀行 EF81-81

かつて、「北陸」が通過していた時刻。陽の当たり方が懐かしいです。

 

«セルダーのストラト(中古)・・ネック編

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ