« あけぼのロス症候群?【飲んだよ~、たっぷたぷ編】 | トップページ | KATO EF58-35号機  »

鉄道模型店が危うい・・

先日、久しぶりに中学生の頃によく通った鉄道模型店に行ってみた。

店内に入って驚愕した・・  「営業しているの??」 閑散としていた・・

「いらっしゃい」と、すっかりお歳を召した店主。

会話を進めると、今は受注したものだけ取り寄せているのだという。

ショーケースに並んでいるのは、「売ってくれ」と持ち込まれる中古の委託品ばかりだという。

お目当てが運よく見つかればラッキーだ。

 

そんな状況の中古品を眺めながら、店主の模型業界嘆き話に付き合った。

鉄道模型店をたたむ店が急増しているという。

言われれば、最近廃業した模型店が仕事先の近所にあった。

新規の顧客がまったく望めないという。

現在、来店するのは「昔やっていた」という大人ばかり、、(私もその一人だ)

そして手放すから車両を売ってくれと、、

私たちの頃は「ブルトレブーム」もあり、店の前には通行人の邪魔になるほどの自転車が止められた。

よくオヤジ(店主)に「寄せて並べて止めろ!」と怒られた。

最近は寝台列車の廃止などから人気車両もほとんど無く、というよりも模型の販売形態が車両セットばかりになり

小中学生が気軽に買える価格ではなくなってしまったことも要因だという。

私の頃はKATO(当時は積水金属と呼んでいましたが)の20系ブルトレ、1両800円。

1両、また1両と買え揃えるのが楽しみだった。EF65だって3500円だった記憶がある。

そんなワクワク感が今の子は味わえないのか・・

そんなことより興味は模型より「ゲーム」なのだろうと店主の嘆きは続く・・・

店主も体調が優れず、この店もいつまでできるか・・と込み入った部分に突入してきた。。

店主の話が止まらない・・・すでに30分以上話している。。

買うものも無く、店主の話も一息ついたところで、「じゃあまた寄ってみまーす」と店を後にした。

鉄道模型、すっかり大人のおもちゃとなっていたんだな・・と実感した先日のことでした。

« あけぼのロス症候群?【飲んだよ~、たっぷたぷ編】 | トップページ | KATO EF58-35号機  »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あけぼのロス症候群?【飲んだよ~、たっぷたぷ編】 | トップページ | KATO EF58-35号機  »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ