« フォトジェニックのストラト・ボディ編その2 | トップページ | アコースティックギターをメンテ »

まさか「PRS(SE)」を手にする日が来るとは・・

それは、またまた仕事中の時間に余裕が出来た時に、ふと立ち寄ったいつもの

「HARD OFF」という楽器屋さん(?)

キレイめのジャンクギターあるかなー?・・・・そぅは無いょな・・

レジ横には、「これから並べますよー」的な商品が並んでいる。

「お!」私好みの青いギターがあるではないか・・ん⁉   ぽ? (目をゴシゴシ・・)

「ぽーるりーどすみす?」・・・(少し落ち着いて)あぁ、SEか・・だょね・・しかし、欲すぅいー!!

さすがにヘッドは最近のポールさんのサインヘッドではないが、バードインレイだ。

しかし、、ずいぶんと安めだな・・ ヤ〇オクだってこんな値段、スタート価格だぜ! なんでこんなお値段?(ジャンク??)

手に取り、品定め開始。なるほど・・

ヘッド側からネックを見る・・ありゃ~・・湾曲してるぅ。。スゴイ順反り・・

ボディ側面、(構えて上になる部分)にやや大きめの打痕もある。。

弾かずに飾られていたのだろうか? 金属パーツも一部状態が良くない。

トップの塗装も磨けば落ちるだろう細かいキズも見受けられる。

でも・・きっとコレを逃せば2度と「PRS」なんてこの値段で手にすることも無いだろうと・・

2~3分購入を葛藤しながら、財布にクレジットカードがあるのを確認して、ギター手にレジへ!

純正ソフトケース付きだ。(近年はギグバッグって言うの?)

Dsc00220

PRS SE Custom24 (Sapphire

なかなかパッと見はイイでしょ? 

 

PRSなんて手にする気なんか全く興味もなかったのでチョットお勉強しました。

この個体、シリアルナンバーが「N」で始まる番号から2013年モデルと判明。

Dsc00188

ヘッドデザインは旧モデル

ででで、状態ですが・・

Dsc00213

側面に打痕・・やや大きいが、目立つ箇所では無いので気にしない気にしない・・(自己暗示)

Dsc00206

付けっぱなしだったと思われるトレモロアームは錆び始めています。

Dsc00209

まぁ、ブリッジもですね・・・

そして、順反りのネック。。。

Dsc00180

6弦9フレット付近でこの弦高・・3~4㎜あるかな?(スゴイ)

Dsc00200

4つ折りにしたレシート・・0.3㎜厚の紙が

Dsc00183

ネック上に置いた定規の下をスルスルと行き来できました・・

付属品にトラスロッドレンチはありませんでしたが、手持ちの工具で回せたので、

少しずつ状態を確認しながら回して・・直りました。

試奏・・・ん? 4弦のみ開放&1~4フレットぐらいまでビビる・・他の弦はビビらない・・ナゼ?

休日を待って「YAMAHA SG」を預けているギター工房へ持ち込み現状を説明して診察していただくと・・

「んん、弦は?」と聞かれて「購入したままの弦です」と答えると・・「きっと弦だよ、安い弦が古くなってるね」と、

なるほど。。金属パーツとフレットも磨きたいのでそのままで、、とエリクサー弦を1セット購入して帰って来ました。

で、毎度のフレット磨き&指板メンテ

Dsc00244

金属パーツも磨いてピッカピカ!

ボディもポリッシュ&ワックス掛けして完成!

弦交換してビビリも解消しました。

 

突然手にした「PRS SE」・・

今までのストラトの影が薄くなっちゃうねぇ・・

ま、気軽に気を使わないで弾けるのがストラトってことで。

なんかコレクター化してきちゃったぞ?

これでYAMAHA SGが帰ってきたら・・置くところも無いぞ?

 

 

« フォトジェニックのストラト・ボディ編その2 | トップページ | アコースティックギターをメンテ »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フォトジェニックのストラト・ボディ編その2 | トップページ | アコースティックギターをメンテ »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ