« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

ま、、また!? (自制しなさいっ!!)

はい、、フラフラと目的も無く安ギターを見に行ってはイケマセン。

そこには、、「こっちこっち」と私に手招きするギターが。。。

うっ、、私好みのブルーサンバーストのストラト(タイプ)が、、

ジャンク品だけど、、フレットは減ってなさそう。

ネックの反りも・・・なさそう。。(良い。という状態ではもちろん無いですが)

白いハズのピックガードは黄ばんでいる。。

しかもVOL&TONEノブは3つとも無い・・固定ナットも無い

かなり放置されていた模様でホコリもスゴイが、、

サビはピックガードのネジ頭くらいと

ペグのツマミ軸に薄っすら程度、、奇跡かも?

なんたって2,000円だ!(税別)

迷うことなく(って言うのは嘘ですが)お買い上げ。

 

あまりにも寂しい外観と、早くキレイにしてあげたいのと

ただタンに酔っぱらって作業していたのでビフォー画像はありません。

とにかく全バラして金属パーツは夜な夜な磨いて・・

錆びたネジもピカピカにして、くすんだボディもコンパウンドで磨き上げて・・

ネックも若干の殺傷フレットを削り、フレットの高さがバラバラ・・・

擦り合わせも考えましたが、状態が状態なので、高いフレットだけフレットヤスリで簡単に削りました。

そう、状態、というのは、、、トラスロッドが効かない状態だったのです。。。

まぁほぼまっすぐなので許容範囲なのですが、気持ち悪いですね。

乾燥しきっていたであろう指板にレモンオイル&みつろうクリームで潤いを・・

そしてそして、ピックガード&ピックアップは中華製を新調だ!

完成ッ!

Dsc00434

ヘッドには「Liveking」と筆記体でネームがありますが、ググっても不明です。

あんなにくすんでいたメッキパーツ&ボディがこんなに輝くなんて・・

本体2,200円+パーツ代2,688円(&夜な夜な酒労力)で、大満足です。

Dsc00437

今回はカバードの2ハムにしました。

このネック、フォトジェニック&セルダー製よりも太いです。

また、ネック交換のために状態の良いジャンクがあったら・・なんて考えていますが

とりあえず現状で、、、

あ~、、安モノばかりだけれど、並べて眺めているだけで酒がすすむ・・・(超ぉド変態だな)

弾かないんかいッ! と自己ツッコミ。。

 

 

ストラト3本を小変更・3本目(FhotoGenic2号編)

正月休みが終わって1週間、

暖かい日が多いですね。

スキー場など雪不足で営業出来ず異常事態の様ですが、、

 

さ、正月休み中の仕事の一環(??)

「安いストラトをお気に入り仕様にしよう!シリーズ第3弾」(スミマセン・・今シリーズ名考えました・・)

Dsc00389

メイプル指板が欲しくて衝動買いした、中古フォトジェニック2号。

SSH仕様にしました。フェンダー風に言うとHSSになりますね。

フロント&センターのシングルコイルを、ノーマルよりは少しパワーありそうな?

(でも)中華PUに変換し、リヤ・ハムバッカーを4芯の前回のセルダー編と同じPUに変換。

そしてトーンコントロール、フロント用をフロント&センターPU共用に、

センター用をリヤハム専用に配線しました。

まだ暫定仕様として、ハムPUをタップにはしていません。各ポットもノーマルのままです。(予算の都合デス・・ξ)

なんだかんだストラト(タイプ)を改造してきましたが、、

シングルコイルのフロント&センターのハーフトーンの音は捨てがたい・・てか使いたかったんです。

ストラト3本を小変更・2本目(SELDER編)

お正月休みも終わりますね。

さ、ギターイジリも進んでいます。

2本目は中古SELDERのストラトキャスター・タイプ(中央のHSH)

Dsc00401

見た目は前回のご紹介とまったく変更はありませんが、、配線方法を変更して

ネック側PUのトーンをセンター・シングルPUの専用トーンにして、

センターPUのトーンをネック側&ブリッジ側2ハムPUの共用トーンコントロールに、

このポットも500KΩのPUSH-PUSHのスイッチングに変更、2ハムを4芯タイプ(中華製)に変換しタップ仕様にしました。

(ややこしいですね・・スミマセン)

それなりの音なのかもしれませんが、多彩なサウンドが楽しめて満足です。。

(※高級ギターの音を知らないので・・)

 

ストラト3本を小変更・1本目

ホイ! ギターをイジルのが好きで、ギターが弾けない・・ξ ヘンなオジサンです。

さ、少々長い正月休みも終盤。テレビもつまらん番組だらけで見るだけ時間のムダなのが分かっていたので、

休みに入る前にギターイジリの必要パーツを揃えておきました。

Dsc00392

まずは、中央の2ハム仕様のフォトジェニック1号

(作業中の画像はありません・・アシカラズ)

ネック側のピックアップをムーンのハムバッカーから

ZO-3から外したスーパーディストーションに付け替えました。(古い2芯タイプなのでタップ出来ず)

(Fスペースでは無かったのでネック側に付けるしか生き延びることが出来ないと判明した次第で・・)

そしてトーンポットを250KΩから500KΩのPUSH-PUSHタイプに変更し

ブリッジ側のスーパー3をタップド出来るように変更しました。

ボリュームポットも前回作業のハンダの熱でやっつけてしまったみたいで、ガリが出ていたので交換しました。

ネック側にスーパーディストーション・・当然強すぎるけれど、、、

ぃやぃや、、歪ませてズンズンズン・・とリズムを刻むと、、なんとも気持ちイイです💛

ブリッジ側もパワーあり過ぎな傾向なので、歪みは気持ち良いのですが、やり過ぎ?と

感じた場合にタップしてジャリジャリ音にするのもアリかな?と。

アームは使用しないので、ペグの交換が必要と思う程チューニングは狂わないと思います。

(安定しています・・・トルクはバラバラですけど・・・ξ)

 

1/1 回送・カシオペア紀行 (ムリでした・・)

令和2年になりました。おめでとうございます。

本年も、宜しく申し上げます。

このところギターばかりイジっていて、鉄道ファンの方々には申し訳ございません・・

鉄道ネタもアップしなければ・・と

 

昨年大晦日に(って昨日なのですが)盛岡へ向かったカシオペア紀行の返却が来る。

夏場の返却はこの辺は19時頃の通過だったのですが、

各通過情報を確認していると・・16:30ころには来るかな?という雰囲気だったので

イチバチで毎度のマイポジで待ってみました。

元日の日の入り時刻は16:38。。。あぁ、過ぎてしまった・・

ノイズ覚悟でISO感度を上げるしかない・・

もぅナニを撮ったのか?わかりますように・・・と祈るのみ。

すっかり暗くなってしまい・・置きピン目標にピントが合わなくなってしまった・・・

ナニを目標に合わせたらよいのやら・・試行錯誤だな・・

試写をする

Dsc05934

まだなんとか色が出る。(通過5分前)

で、、遠くにアレかな?とライトが見えたときに事態が・・条件が違う!!!

ハイビームなのだ!このままの露出ではハイビームに飛ばされる。(想定外の事態です)

慌てていい加減に露出を下げてみたが、、どう写るか祈るのみ・・(元旦早々から祈るばかりだ)

露出を変更してファインダーを覗くと・・アレー?!まずい・・(コリャまた再々祈るのみ)

Dsc05954

(回9010レ)カシオペア紀行・返却回送 EF81-95

17:03通過・・・・まぁ、、、なんとなくわかりますでしょうか?95号機が、、、、(ちなみにISO8000 1/60秒・・)

ピントもカメラの振りも合ってないな・・・

で、マズイと祈ったのは、青いゴーストが二つ。

そうなんです。

Dsc05952

湘南新宿ラインが並走してきてしまったのだ・・(【訂正】ゴーストは、95号機のハイビームの映り込みのようでした)

まぁ被られずに済んだのは良かったのですが、かなり・・色々な条件が悪すぎました。

そんなこんなで、かなり無謀すぎました・・のカシオペア紀行でございました。

 

 

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ