« 2020年3月 | トップページ | 2020年6月 »

GrassRoots ネック編&仕上げ

ささ、、ピックガードのキズ直しが、良い方向に期待ハズレだったGrassRootsギター

せっかくの休日も外には出られない昨今なので、ギターのメンテナンスしています。

 

中古ギター定番のネックなどを仕上げていきます。

Dsc00653

まずは、指板をマスキングしてフレットを、、

2000番の紙やすりで軽く磨いてからコンパウンドで磨きました。

ででで、、

Dscf6257

指板をクリーナーシートでゴシゴシすると・・ややヨゴレが・・

まぁ、カワイイものです。画像はありませんが、前回ジャンクのLiveKingストラトは、

うげげ・・という表現で察してください・・・というほどでした。

Dsc00658

ハイッ!レモンオイル&みつろうクリームで仕上げて、キレイになりました。

 

でで、我が家へ来て試奏しながら、、音詰まりする箇所があり、、弦高高めにしないと弾けないなぁ・・という状態だったので

心当たりを確認すると・・・

Dscf6253

定規を1・2フレットに密着させると・・24フレットではフレットの高さ分ほどのすき間・・・

逆反りってヤツですね・・

 

Dsc00662

さぁ、近年のギターはこんなトラスロッドが多くなってますね。

ダブルアクション・トラスロッドって言うのですか?

(ってボディ割れてるではありませんか!・・隠れる部分なので気にしない事にします)

ところで、付属品が付属しなかったのですが・・コレ、、ナニで回せばイイのやら・・

Dsc00664

アラ、、3㎜の六角レンチで回せそうです。

90度くらい緩めたでしょうか・・・

続いてはサビサビだった弦高調整のイモネジをステンレス製イモネジに変えます。

Dsc00669

1.5㎜六角軸のドライバー、すごく便利です!オススメです。

ということで、ブリッジも全バラシて、磨き上げて組み直し

弦を張ってチューニング&オクターブチューニングも調整し、弦高も低めに調整。

Dsc00695

出来ました。ツマミ類はホワイトにしてみました。。

ボディはワックスを丁寧にかけ直してクスミを消しました。

Dsc00697

完成ッ! まったくフレットの減りも無く、大きなキズ&打痕も無い。

ピックガードも保護フィルムが付いたまんまだった・・

ほぼ新車・・走行距離、極わずか・・な状態。。

ネックも違和感無く弾きやすい。値段も安かったので気軽に弾ける。

メインギターにしてもイイかなぁ?

今回はイイ買い物だったと自負しております。

さて、何の曲から覚えようか・・・(弾けねぇんじゃん・・・)

GWの課題が出来たか?・・

 

 

あけぼのロス症候群?【再発?編】

「あけぼの」の定期運行が終了してもぅ6年が経ちました・・

毎週のように休日朝の日課になっていた撮影でしたが・・最近はさっぱり・・

鉄道の情報誌すら手に取ることも無くなりました。

そんな中、懐かしく購入に踏み切ったものがありました。

Dsc00554

20系寝台客車 7両基本セット  というもの

内容は、、

カニ21

ナロネ21

ナハネ20×2

ナシ20

ナハネフ23

ナハネフ22

という7両。

編成表を確認すると、「あけぼの」フル編成を再現するにはあとナロネ20が5両必要のようですが、、そこまでは。。

バックサインも

Dsc00564

見難いですが、「あけぼの」あります。

他は、「あさかぜ」「出雲」「瀬戸」の4種選べます。

Dsc00568

ナハネフ23用のバックサインもあります。

細かくて、、老眼には読めません・・・

 

おっと、、忘れてはイケナイものも入線しました!

 

Dsc00641

PFの前期形・・コレが無いとね。

欲を言えば、、あとパンタ撤去されたカニ22なんてあれば即買いなんだけれど・・

 

GrassRoots ピックガードのキズ・・あら!?まさかの・・

前回ご紹介した、私でもカードではなく、現金払いで買えたほどの安価だったGrassRootsギター

Dsc00598_20200424222201

よーく見たらドン引きするはどの深いキズ・・

 

しかたない・・バラして耐水ペーパーで削って、

仕上げにランダムアクションサンダーでコンパウンド磨きしてみようとピックガードを外す。。

 

 

Dsc00615

お。。コントロールキャビティ内に導電塗料が塗布してありました。

この価格帯のギターでは珍しい高級処理ですね。(ちゃんとテスターで導通を確認しましたって・・ホントですって)

しかし、アースはネジ止めされてなく、トーンノブ付近にハミ出し塗りがあり、ピックガード裏のアルミ箔に

直接触れるようです。

 

さて、ピックガードの電装品をすべて取り外して、磨くべぇ・・と観察。

Dsc00605

ふと。。。あることに気づく・・・こ、、これはっ!!!

必要工具は、利き手の人差し指の爪・・・

Dsc00608

ぺりぺりぺり・・・・

Dsc00611

あららら・・・あっという間にキレイピカピカになってしまいました。。とさ。

まさかの展開でありましたが、、

本当に初心者さんの一発目のギターだったのでしょうね。。すぐに飽きてしまったのか?

もっと高級な1本に買い換えたのか??

さ、ピックアップ類を戻して次はネック&ボディなどをキレイにしていきますよー!

 

シースルーブルーが欲しかったんだよー!

はい・・スミマセン・・また買ってしまいました。。

何気に入ったOFF HOUSE。

キラリと目を引くシースルーブルーのギター。

あぁ、、シェクターやESP・スナッパーなどに代表されるようなフロイドローズ付きのお高いヤツ・・・? じゃないですね?

ロッキングアームではないですし、、マッチングヘッドじゃないし、シェクターじゃあ無いわな・・わ!やすッ!

品定め開始!・・・ネック&フレット・・悪くない。ボディ・・大きな打痕など見当たらない。

・・・でも今、購入はやめておこう。。ちょっと考えよう。。と店を出た。

定価いくらのどんなギターなのかもわからずに・・てのもねぇ。

まぁ、ネットで調べてみたけれど・・すでに生産終了しているモデルのようだ。。

でも中古としての値段も妥当のようだったので、次に行ってまだあったら購入しようと、、1週間後。。。

Dsc00579

GrassRoots G-MR-45R or G-MR-55R どちらなんだか区別が付きません。。が、おさらく45Rなんでしょうね。

SSHが理想でしたが、2ハムですね。コイルタップ出来ます。

で、舞い上がって購入してしまいましたが、、家でよーく見てみると・・まず。

Dsc00592

弦高調整のイモネジ内部が錆びておりました。手汗にやられたか?

そしてボディをポリッシュで拭きあげていたら・・(画像に撮れませんでした)

弾いて、右手首が当たりそうな位置に塗装の曇りがありました。

右手に腕時計をする人だったのか?じゃらじゃらのブレスレット攻撃なのか?

Dsc00599

パールのピックガード。なんかねぇ、、艶がねぇ・・

光源を反射させると・・

Dsc00598

な、な・・ナニで弾きましたん?? というような深い悪魔の爪跡が・・

ブライアン・メイ師匠のコインで挑戦しましたか?? しかし傷の方向がヘン?

 

などなど、少々問題児ではありますが、、ちょこちょこ分解しながら更生して行きたいと思います。

たぶん、続く・・・

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年6月 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ