ハイキャパ・ゴールドマッチもシルバーフレーム化

東京マルイ ハイキャパ5.1・ゴールドマッチの中古をシルバーフレーム化目的で購入しました。

届いた翌日には分解し、休日を待ち脱脂洗浄&マスキングし

プライマー・塗装・クリアーで保護という念の入れよう。。

Dsc09538

シャーシ・グリップなどをシルバーで塗装

スライドストップ・マガジンキャッチ・グリップセーフティをゴールドで塗装しました。

自己満足度・高!(苦笑)

初めての長物・・

以前に押入れの奥から発掘されたSSオートマグを紹介しましたが、

もう一丁ありました。

Dsc03726

タカトク SSW7000

SSWの「W」は、おそらくウィンチェスターのWだと思うのですが・・

これも残念ながら・・カートリッジは2個あったのですが、専用ツヅミ弾が無く発射はできません。

当時は、10発くらい装填できたかな?レバーアクションで排莢&装填が楽しめた。

リアサイトが実銃同様に調整出来て、非常に命中率も高かった印象が残っています。

現状では、正常にコッキング出来ました。弾が無いだけが残念です。

使えなかった、エアガン

またまた・・タイムカプセル押入れから発掘されたエアガン

Dsc09449

マスダヤ スーパーショット S&W 44MAGNUM 8inches

なんとまた懐かしい・・というよりも、まったく撃って遊んだ記憶の無いエアガン・・

薬莢の中にスプリングが内蔵されており、6mmのツヅミ弾を発射するもの。

その内蔵スプリングが強すぎて、薬莢自体が破断していくらも撃っていないのに

射撃不能になった・・パワーもたいしてなかったのに・・という記憶があります。

破断した薬莢は、当時プラモデルの接着剤で修復しましたが、それ以来撃っておりません。
また、重量バランスが非常に悪く、グリップに重さが集中していて、トリガーガードに指を入れ

手を離すと銃口が真上を向いてしまう程だ。

たしか、4インチモデルも発売予定になっていて、それを購入するつもりで待っていたのですが・・急遽この銃自体が販売中止になり好みではなかった8インチでしたが慌てて購入しました。

初めての飛び道具・・

押入れの奥は、、まさにタイムカプセルと化している。。

初めて手にした「空気銃」が出てきた!

Dsc09444

タカトク製 SSオートマグ カスタム(?)

ぃや~、、もぉ35年以上は経っていると思われる。

残念ながらカートリッジと専用ツヅミ弾は無く、射撃を楽しむことは出来ませんが、

作動はしました。

当時の威力は、かなり強力でした。

以前(当時)住んでいた家で、台所の戸棚の裏でナニやらガサガサ音がする。

恐る恐る音源を確認すると・・・・

裏に落ちた袋ラーメンをネズミがかじっていた。。。どどどどーしよう。。。

そこでこのSSオートマグでネズミに向かって・・・「バンッ!」&緊急退避っ!

しばらくして恐る恐る覗くと・・・ネズミの脳天にツヅミ弾が刺さっていました・・・(合掌)

あと処理が出来ず、まだ健在だった祖母にお願いするというポンコツぶりな事件でした。

ウィルソン スーパーグレード

Dsc09250_2


前回のハイキャパ・ゴールドマッチに続き、レースガン繋がりで今回は、

東京マルイ ウィルソン スーパーグレードという射撃競技用のカスタムガン。

基本設計がとても古いエアガンで、ブローバックしないし、マガジンもフルサイズ

ではなく、細~い「割りばしマガジン」と呼ばれるタイプ。

ブローバックしないので、ガバメントなのにダブルアクションできます・・・

エアコキ同様に一発一発スライドを引きシングルアクションで撃つこともできますが、

スライドは22mm程しか後退しません。

銃先端のコンペンセイターが金属製で重く、ちょっと持ったバランスが悪い感があります。

トリガーもダブルアクションということでストロークは長く、引き切りがグッと重く、

引きブレをおこしますが、シングルでは遊びは大きくなりますが、ハンマーを起こす力が

いらないのでとても軽く精密射撃が出来ます。

これはホップアップ仕様の改良版なので、命中精度は悪くないです。(お座敷射撃ですが・・)

割りばしマガジンも自重で落下します(笑)

で、なんで持ってるのか?

そりゃ黒スライド/シルバーフレームマニアだからですっ!(^_^)v。。。


THE ガバメント!

今、J:COMのFOXクラシックテャンネルでCOMBAT!の再放送が始まりました。

いやいやいや、、見逃すワケにはいられませんっ!

改めてみると・・・いろいろと、、、ん!?と思う部分はありますが・・(笑)

懐かしく見ております。

そんなので、第二次大戦時アメリカ軍の銃。

Dsc09257

東京マルイ コルト M1911A1ガバメント【ハイグレード/ホップアップ】

エアコッキングの定価3,500円の比較的安価なエアソフトガン。

一発一発やや重めのスライドを引き撃つのですが、対象年令18才以上の銃ですから

威力も命中率も、値段が3倍ほどするガスガンにもまったく引けを取りません。(見た目も・・)

ただ手にすると金属部分が少ないので軽~いです。。。

そして、バックで一部見えているのが、コンバットのサンダース軍曹愛用の

トミーガンこと、トンプソンM1A1 です。

ハイキャパ5.1 ゴールドマッチとドットサイト

東京マルイのハイキャパ・シリーズに

Dsc08628


「ゴールドマッチ」という射撃競技用にカスタムされたモデルがあります。

スライドなど肉抜きされ軽量化されています。

ノーマルのハイキャパ5.1と左右に持ち交互に撃ち比べると・・

肉抜きされた分、反動の軽さを感じられます。

ま、なんで金色なん?という見た目のハデさもありますが・・

さてさて、さらにカスタムが進み・・

Dsc09187

ドットサイトを装着しました。

 

Dscf6101

ドットサイトを覗くと・・
中心付近の赤い点が確認出来ますでしょうか?? 

照準がレンズに投影されて素早く狙いを付けることが出来ます。

 

 

このドットサイト、いろんな使い方があり天体望遠鏡のサブスコープにしている方もいる様です。

その他、一眼カメラでの動画撮影時の、また超望遠レンズのサブファインダーとして

ホットシューに取り付けるアダプターも発売されていますね。

フォリッジウォーリア&デザートウォーリア

以前にご紹介したフォリッジウォーリア  と

Dsc09092


ただの色違い・・タンカラーのデザートウォーリア

Dsc09084


4.3インチバレルのコマンダーサイズが見た目のバランスも

取り回しもよく、お気に入りであります。

デザートウォーリアのグリップがナイトウォーリアと同形状で若干太目、

ナイトウォーリアは握りにくいと感じたが、デザートウォーリアでは

それほど気にならないのはなぜだろう?? (きっと気のせい・・なんでしょうね、、)

M.E.Uピストル

以前の紹介したナイトウォーリアにグリップを使われてしまった

M.E.Uピストルは・・

 

 

Dsc09251


マークIV シリーズ'70 のグリップを単体で入手して装着しましたが、

パッと見グリップの印象が強く「マークIV シリーズ'70 」と見間違えてしまいそうです・・・

(相違点は多々ありますが・・)

P.S

数種、写真を撮ったので・・しばらくピストルシリーズで

ブログの存続ができそうです・・・・

「サムライエッジ〈アルバート.W.モデル 01〉」(ご本人登場?)

以前、サムライエッジのシルバーフレーム化として

記事にしました偽サムライエッジ・ウェスカー風モデル

ついに、そのご本人さまが登場しました。

Dsc09230


ハイ!やってきました我が家にも・・・

完全限定品ということで、価格も高めで・・なのに!

どこのお店も予約を締め切って入手困難なの?

予約もしていませんしあまり興味もなかったのですが、

ふと、一般販売分を見つけ、まだ販売価格も高騰していなかったので

おもわず「今しかないかな?」と衝動的無駄遣いを致しました・・・

 

そこで、以前のバッタもんと比べてみました。

Dsc09234

上がバッタもん・・

下がご本人さまです。 

似ているようで節々に異なる部分が・・

Dsc09240

右がご本人

左がバッタもん

アンダーレール部(フレーム長)が異なりますね。

 

Dsc09237

右がご本人

左がバッタもん

ご本家のハンマーは、ブラックで軽量タイプ。

ビーバーテールも延長されてカッコイイです。

Dsc09241


上がご本人

下がバッタもん

マガジンキャッチボタンの形状もご本家はロングタイプで、よりタクティクル(?)ですね。

ご本家のグリップ前後のテェッカリングもダイヤモンドカットになっています。

Dsc09236

上がバッタもん

下ががご本人

スライドの刻印も「ALBERT.W.MODEL 01」と打ってありました。

等々・・・

せっかくご本人さまが来たことですし・・バッタもんの運命は、

 

Dsc09243

サムライエッジ スタンダードモデル  

下・ M9A1 ステンレスモデル

に戻されました。  とさ

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ