スロコン?

近年の自動車は、まるで「電化製品」だなー。とつくづく思うのです。

古くは、エンジン制御にコンピュータが導入されて、キャブレータから

電子燃料噴射になった。

いつしか、アクセルもワイヤーでスロットルバルブを直接開くではなく、

フライバイワイヤ、などと呼ばれている電気信号で作動するものに変わった。

そしてパワーステアリングにしてもエンジンのファンベルトで油圧ポンプを駆動させていた油圧式から、

乗用車のほとんどがモーターでハンドルの操作力を補助する電気式が主流になった。

最新の35スカイラインは、ステアリングシャフトすらないという、、、機械的に繋がっていない。

ハンドルはただ、曲がるためのスイッチで、、その信号でタイヤが左右に切れるという、、

これも将来の「自動運転」に向けての技術のひとつなのだろうが、、そんなんでイイの?

まるで、原寸大のラジコンに乗って操縦しているようなのもではないか?

と、技術の進歩のスピードに付いていけない私なのです。

 

 

話が長くなりましたが、そんな技術も使いよう。

私のKカー。スズキパレットのアクセルもフライバイワイヤなのだ。。生意気に。。。

ま、「もたつき」が代名詞の軽自動車、思うように軽快に走らない。

私だけかも知れませんが、、おそらく人によって「足癖」というものがあり、

通常、信号発信加速ならアクセルの踏み加減は「このくらい」これ以上でも以下でもない。

しかし並んでいたクルマは遥か前方へ、、後ろのクルマには私が犯罪者かのようにピッタリ突かれて迷惑をかけてしまったいたり、、しかしアクセルを踏み込むのはなんか感覚的に違うんだな。。

そこで、「スロコン」なる商品を取り付けた。

要は、アクセルペダルの踏み込み具合とスロットルバルブの開き具合の比率を変化させるものだ。

決してパワーアップするパーツではない。

バイクでいう「ハイスロ」的なものと理解頂ければと。。

Dsc08790

踏み込み量より多くバルブが開く「スポーツモード」(当然燃費は落ちるけど、好感度!)

アクセルとバルブが1:1でうごく「ノーマルモード」(装着の意味なし)

踏み込み量よりバルブが鈍感になる「エコモード」(燃費は上がるんだろうけど・・軽自動車には不要)

の、3モードがあり、スポーツ・エコモードそれぞれ7段階の比率変化が調整できる。

試走の結果、スポーツモードの3~4くらいが私的にはアクセルと加速の感覚が合ってるかな?というところです。

取り付けは簡単すぎて、、工程は省略してしまいました。。。20分ほどで終わりました。

パレット ワイパースイッチ交換

我が家のパレット(1型)も5年経ち・・2回目の車検を終えました。

そろそろ何か新しいこと無いかな~・・と、ネットでパーツ探しsearch

寒いのでチャチャッと出来るものがイイと・・coldsweats01 

すると・・「間欠時間調整式のワイパースイッチ」なるものを発見。さっそく購入dollar

 

S0865803_4

届きましたのじゃscissors

むかしむかしのワイパースイッチは、反対のライトスイッチと一体構造で、

ハンドルを取り外さないと交換できませんでしたが、最初からこう別パーツにすれば簡単だったのにねsweat01

Dscf5804

ワイパーを頻繁に動かすのがキライな人なので

コレは是非とも欲しい(使ってみたい)装備なのでした。

さて交換作業ですが、いたってカンタンnote

まずは・・・

Dscf5814_4

ハンドルコラムを下から覗いて・・

チルトステアリングのレバーをグイッと下げるdownと・・

Dscf5810_4

銀色の+ネジが1本あります。(写真3)

けっこう穴の奥にありますが取り外しますwrench

Dscf5809_4

そして

ハンドルを右へ90°回すと+ネジが現れます。(写真4)

これも外しますwrench

Dscf5808_4

当然

左側にもありますので、左にハンドルを回して取り外しますwrench(写真5)

外すネジはこの3本でおしまいです。

で、ハンドルコラムカバーは上下サンドイッチになっているので

気合いと根性でエイヤっsign01(バキッ)と外し、下側は取り外し、

上側は、ワイパースイッチが見える程度に上にズラしておきます。

Dscf5806_5

ワイパースイッチ下側のコネクターを外します。(写真6)

Dscf5805_4

ココ(写真7)に爪が引っかかってますので

ドライバー等で押しながらワイパースイッチ本体を引き抜きます。

Dscf5807_4

ポコンと抜けますdash(写真8)

 

あとは、新しいワイパースイッチで逆再生すれば、完了です。

 

一応、本体のコネクターを接続した時点で、

ワイパー前後(間欠時間変化)・ウォッシャー前後等、スイッチすべての作動確認をしましょう。

感想

間欠作動時にスイッチ本体のリレーのON/OFFの「カチッ」という音がウインカーのように

音が大きいのが気になりましたが・・・走ってしまえば気になりません。

なんたって、時間調整式間欠ワイパー。気分だけでも高級車だsign01scissors

雨天走行が楽しみです。

クルマの年行事・オイル交換

9/22は、完全非鉄してクルマのメンテナンスをしました。

春3月と秋9月。半年ごとにエンジンオイル交換が年行事になっている。

オイル交換ぐらいなら自分でチョチョイとやるwrench

一応クルマは、3月の夏に向けては「10W-30」、9月の冬に向けては「5W-30」と粘度を変えている。

オイルの銘柄はブン回して走ることはほとんど無いので安価なオイルで拘らない。

さて、バイクもいっしょにオイル交換。

最近スクーターも愛車に加わり、原付2台体制になった。

まだ走行距離もわずかですが、初めてのオイル交換だ。

 

Dsc00504
ホンダ・モンキーとヤマハ・BW’S。

同じ50ccとは思えないほどの大きさの違いだ・・sweat02

スズキ(パレット)のリアブレーキ調整(長文覚悟)

またこのところ、「keiブレーキ効かない」との検索で引っ掛かる件数が増加しています。

本当に効かないのでしょうか? 実際効かないのであれば大問題ですし、国交省だってソレが原因で事故があるならば調査するでしょうし、メーカーだってそこまで事が大げさになるまえに対策をするハズです。

実際は、踏めば効くのでしょうが、効き方に問題があるのように思います。

また、「ブレーキ効かない」と検索されて来る方々には、

「○○社製の△△というブレーキパッドに変更がオススメ」という文字をお探しなら、

それは、お金のムダ使いになると思います。確かに制動力が上がればそれなりの効果はあると思いますが、根本はリアブレーキが働いていないワケですから・・フロントだけ強化するのは後からでも良いと思うワケです。

また、タイヤによる制動力の違い、というのにも驚きます。

私も以前Keiに乗っていたとき、165/70-14からWORKS用の165/60-15に変更したとき、ブレーキ時のしっかり感の違いに驚きました。(エコタイヤとスポーツタイヤの違いね・・)

で、リアドラム式ブレーキの調整方法ですが・・

ま、ズブの素人さんがいきなりやってみようとする作業では無いと思いますが・・

danger♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:danger

あくまでも、これは道路運送車両法が定める「分解整備」です。

作業の際には「分解整備記録簿」の発行が必要になりますので、一般には行ってはいけない(?)作業です。

くれぐれも自己責任でお願い致します。当方は一切の責任も負いませんのでお願いいたします。

danger♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:danger

前もって用意する部品があります。

・リアハブロックナット2個 (左右分2個でも社外品なら¥600位で買えるハズです)

 (再使用不可部品ですが、一回だけなら裏ワザもありますので作業しながら説明します)

・ガレージジャッキ(後輪左右同時に上がるもの)←裏ワザに必要

その他必要な整備工具(あまり特別なものはありませんが、普通は持っていないでしょ・・というものもあります)

では、パレットで説明いたします。(Keiのドラムブレーキも同様です)

まずは、タイヤを外します。

Dscf3147

タイヤは車体の下へ入れることで万が一ジャッキが外れたときにホイールはキズ付いてもタイヤの高さ分、命が助かります。

dangerブレーキドラムを外すので、サイドブレーキは掛けないで下さいね

Dscf3150

ハブキャップを(私は)マイナスドライバーをハンマーで軽く叩き周辺を徐々に浮かすようにして外します。

Doraiba


ちなみにドライバーはハンマーで叩ける貫通タイプ

先端は、キャップ外し専用に加工してあります。

Dscf3153


すると、これがリアハブロックナットです。

緩み防止に一部を潰してあります。

Dscf3155


それを(私は)

30mmのボックスと超長いスピンナハンドルで潰し部もそのまま一気に緩めてしまいます。

Dscf3156

緩めたナットを外すと、ブレーキドラムが外れます。

 

 

Dscf3166


大事なのは、

調整カムがどの位置で噛み合っているかを前もってしるしを付けておくことsign03

(解りやすく黄色線にしましたが、マイナスドライバー等で引っ掻きキズを付ければOKです)

Dscf3164


調整(左側ブレーキで説明)

マイナスドライバーなどを使用して、A点を支点にして、ドライバーをこじり、画像左側のカムを車両外側にずらします。

ひと山ずつ調整してドラムを付けてみて確認しましょう。

新車から走行10,000km走った我車で調整2山でした。

(その後、10,000km走行時の調整は、1山も調整出来ませんでした。新車時がどれだけすき間があったか、ということですね)

調整後、ドラム装着時にキツイけど押し込めば入りそうなときは、絶対に入れないでくださいsign03 二度とドラムが外れなくなります。

そんなときは、カムをひと山戻して下さい。(調整にならないこともあります)そのときにカムは一気に戻ってどこで噛んでいたか分からなくなりますので、最初に付けた印(黄色線)がこの時に役に立ちます。

同時に反対側のブレーキ調整も行います。

Dscf3172


組み付けていきますが、

ハブロックナット再使用の裏ワザは、左右を入れ替えること。

元と同じ位置で止まらないことが多いので、また潰しが出来る。ということです。

Dscf3169


締め付けトルクは

1790n-m・・

私のトルクレンチは古いので、18kg/mで締め付けちゃいます。

danger締め付けは必ず(手計りでなく)トルクレンチで行って下さい。重要な部分です。

Dscf3173

(私は)締め付けたらマイナスドライバーを立てに当てて、ハンマーで叩いて回り止めの潰しを作ります。

dangerこのとき、くれぐれもホイールボルトを叩いてネジ山を潰してしまうことのないように注意してください。(ホイールナットを付けて保護しておくのも転ばぬ先の杖ですね・・^^;)

Dscf3176

ハブキャップをプラハンマーやゴムハンマーなどで、ドラムを回して周囲を(この角部分を)軽く叩けば均等に潰さずに付けることが出来ます。

あとはタイヤを付ければ大部分終了ですが、サイドブレーキをかけてみましょう。

もし・・というかほとんどがパンパンになっていると思います。

Dscf3184

(パレットは)前席真ん中のカバーを外すとイコライザというこんなものが出てきます。

ココが左右のブレーキへ分配するところです。

Dscf3188


ワイヤ部をモンキーレンチなどで押さえて、10㎜のナットを緩めて、好みのサイドブレーキのカチカチになるまで調整します。

これで、大方の作業は終わりです。

これで走ってみると・・・

sign03という印象を受けるハズです。

個人でヤレsign01と言っているのではありません。

ぜひブレーキに不満のある方は、ドラムとライニングのすき間を詰めての好印象を味わってもらいたい。

ブレーキパッドを変えるだけでは味わえない、リアブレーキを働かせるということです。

では、一応こんな作業なんだよー

と、思って頂ければ幸いです。

pencilまた、記事内容に問題ありと、された際には

削除に即応じますので、お申し付け下さい。

「keiブレーキ効かない」解決編

未だに「keiブレーキ効かない」という検索に引っ掛かることがまだあります・・

まだスズキKeiのブレーキが効かない・・という都市伝説に惑わされている方々がいるようだ・・。

以前にその解決法らしき記事をアップしましたが・・なんだか自分で読み返してもあまりピンと来ない解決法だった・・coldsweats01スマヌsweat02

そこで、「これでKeiだってなんだってブレーキに安心感が出るsign01」最終解決法を伝授しようと思うのですが・・

※リアドラム式ブレーキ車に限るsign03 のでご理解を・・

私もKeiと別れを告げ、パレットSWに乗り換えて2年経った。

まず乗り換えて1年、1万km走ったころ・・というか最初からブレーキに違和感を薄々感じておりました。

そう、みなさんが訴えているのはこんな感じなのだろう・・

「初期制動」なんて表現をするのですが、ブレーキの踏み始めのタッチが悪い・・

そう解決法なのですが・・「分解整備」に該当する作業なのであえてここで作業手順は書き込みしません。作業には知識と技術&整備工具が必要です。

要はリアブレーキの「ドラムとライニングのすき間を詰める」という作業です。

この作業は、法定12ヶ月点検、または車検時に行う作業ですが、特にお客様より要望が無ければ点検のみの無調整で終わってしまうこともあるので、「ドラムとライニングのすき間」を詰めて下さいsign01と依頼しましょう。

なお、この作業を行うとサイドブレーキがパンパンになってしまうので緩めてもらう作業も依頼しましょう。(本来はサイドブレーキを緩めてからすき間調整を行うのが正式です)

この作業を行った後のブレーキは・・ブレーキをちょっと踏んだ瞬間に「heart04」と思うほど感触がイイです。(ニンマリしちゃいますよdelicious

デメリットもあります。(あるみたいですが・・)

リアブレーキの利き始めが早くなるので、高速度からの強めのブレーキ時にABSが通常より早めに作動する傾向になります。(私はABSが作動したことは無くデメリットを体験した事は未だにありません・・良いことばかりですscissors

もしご自分で作業される方は自己責任でお願いします。重大事故に繋がる危険性もあります。

でもこれは超オススメです。絶対解決ですsign03(自動車整備歴2?年の私が言ってるんですから・・happy01

danger仕方ない・・調整方法はコッチだよーsign01(パレットだけどKeiもいっしょです)

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ